山の恵み とちの実
背景




ログイン


商品カテゴリ

大福

とちもち


白餡栃餅


みそっ娘餅


しそっ娘餅


餅菓子

とちあん餅


だだちゃ餅


饅頭

とちの実まんじゅう


ゆべし

琥珀のマロニエ


みどりの宝石


くるみゆべし


胡麻くるみゆべし


かりんとう

栃の実かりんとう


黒糖入り


ようかん

とちの実ようかん


さくらんぼようかん


ラ.フランスようかん


揚げ菓子

黒糖あげまんじゅう


おかき

とちおかき


丸餅

月山とちもち




種類から選ぶ
とちの実
だだちゃ豆
山形のお菓子




商品代金5,400円以上お買い上げで送料無料
代引手数料無料

2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メール対応、お問い合わせ、発送をお休みさせていただきます。

登録商標 凍眠

出来立ての生和菓子を急速冷凍で眠らせました。

急速冷凍は、短い時間で凍結させるので、冷凍することによって変化
する食材の品質を、通常の冷凍よりも軽減させることができます。

冷凍便をご希望の方には、凍眠中の菓子をお送りいたします。

凍眠菓子のお召し上がり方

生和菓子たちを急速冷凍で凍眠(とうみん)させる理由

とちの実は、非常に強い苦みがあるため、姿形が似ている栗のようにゆでて食べるという
ことはできません。そのため、とちの実を口にするには、あく抜き作業をほどこさなければ
ならず、その作業はあく抜きをしなければならない食品の中でも、特に手間がかかります。
採集からあく抜きが完成するまで、最低でも1か月はかかります。

弊社のとちの実は、山形県鶴岡市朝日地区のとちの実農家の方があく抜きまで手間をかけ
ほどこしたものです。そのとちの実農家の方の苦労を無駄にしないよう、私達も心をこめて
菓子の製造をしております。

そのとちの実を使い作りあげた生和菓子、また鶴岡特産“だだちゃ豆”を使い作りあげた
生和菓子を、作り立ての風味や食感そのまま、皆様にお届けしたいという気持ちから
凍眠をさせお届けしております。


とちもち

凍眠中のとちもち

【 2011年12月6日 】
YBC山形放送 「ピヨ卵ワイド430」 にて大福城の“凍眠菓子”が紹介されました。

ピヨ卵430 YBC山形放送
陣内倫洋アナウンサー(左)と弊社社長(右)


お隣り宮城県のミヤギテレビ「OH!バンデス」との中継で“凍眠菓子”を紹介してくださいました。
取材に来てくれたのは陣内アナウンサー。いつもテレビで拝見している方が弊社に!
テレビで見たまんまの笑顔が素敵で元気な方でした。

【撮影中のひとこま】
とても体をはって取材してくださいました。
社長がとちの実を紹介しているときに、あく抜きを終えたとちの実を、パクッと一口で口の中へ!
社長やその周りにいた従業員、皆焦りました。なぜかというと、あく抜きをほどこしたとちの実は、 あく抜きをしているのだから栗のようにそのまま食べれるのでは?とお思いになる方も多いと思いますが 違うのです!あく抜きをほどこしたあとも、とち独特の苦みが残っているため、 お餅やお菓子に練りこまないと口にするのは難しいのです。
私達も伝えていればよかったのですが・・・そのとちの実を食べた陣内さん。
何度か噛んだあと、もだえてしました。 すぐ口から出したもの、口の中からなくなっても口の中に苦みが残ってしまいます。 しかし陣内さんは、とちの実を口にしたあとも、凍眠している生和菓子を紹介してくださり、 さすがプロ根性を感じました。陣内さんのおかげでとちの実がいかに食べるのが大変な実なのかということが伝わったと思います。
(取材に来てくれたその日のピヨ卵でも大丈夫か心配しておりました。)

陣内さん、すみませんでした。
そして陣内さん、スタッフの皆様、ありがとうございました!!

このページのTOPへ
大福城について 発送・お支払方法について 送料・お届け日の目安 特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー
サイトのご利用にあたって お問い合わせ

Copyright© 有限会社 大福城
〒997-0815 山形県鶴岡市外内島字古川287-1
TEL:0235-24-1635 FAX:0235-24-1699